MENU
本の探偵コーナー

420 亡くなった研究者の友達が夢枕に立つ

ホーム フォーラム 本の探偵コーナー 420 亡くなった研究者の友達が夢枕に立つ

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月、 2 週間前アバター じゅり さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #14581 返信
    アバター
    じゅり

    田口ランディ先生の本だと思います。
    急死した脳科学(?)の友人が、その訃報を聞く前に夢枕に立ってベラベラと死ぬことと生きることについて話す、というエッセイだったと記憶しています。昔読んで、いくつか先生の著書は手元にあるのですがどれに収録されているのか、または手元にある本のどこに入っているのかわかりません。最近、生きることについて悩んでいる友人(鬱とかではなく、生きる意味そのもの)に、きっと示唆的な内容だと思うので教えてあげたいです。

返信先: 420 亡くなった研究者の友達が夢枕に立つ
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

PAGE TOP