MENU
本の探偵コーナー

461 児童文学 無くなった物は実は別の世界にいっていた

ホーム フォーラム 本の探偵コーナー 461 児童文学 無くなった物は実は別の世界にいっていた

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月、 1 週前アバター あくび さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #18351 返信
    アバター
    おかぴ

    中学生の頃、図書室で読んだ本を探しています。
    今から10年弱前に読んだ話です。

    児童文学で、楽しい明るい話だったと思います。
    無くしたもの(靴下の片方や鍵等)は実は別の世界に行っていた。
    主人公はそれを知って別の世界に行き無くしたものを取り戻して行く…ような話だったと思います。

    曖昧ですが、よろしくお願いします…!

  • #18508 返信
    アバター
    あくび

    エミリー・ロッダの
    『テレビのむこうの謎の国』でしょうか

返信先: 461 児童文学 無くなった物は実は別の世界にいっていた
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

PAGE TOP