MENU
本の探偵コーナー

662 自分のしっぽに不満なウサギ

ホーム フォーラム 本の探偵コーナー 662 自分のしっぽに不満なウサギ

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。5 ヶ月前アバター S さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #48510 返信
    アバター
    キムラサクラ

    自分のしっぽが小さくて不満なウサギが、キツネや蛇のしっぽ(尾)などあれこれつけ替えるが、最後はやはり自分の元のしっぽが良いと納得する。絵がかなりリアルで蛇のしっぽがついたウサギの絵はぎょっとしました。55年程昔の絵本。

  • #48553 返信
    アバター
    S

    『うさぎのラバット』

    ロバート・ローソン(作)
    野上彌生子(訳)
    熊田五郎(装幀)

    1950(昭和25)年
    小峰書店 刊

    画像は以下のサイトにありました。
    http://www.aobane.com/books/1252

返信先: 662 自分のしっぽに不満なウサギ
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

PAGE TOP