MENU
本の探偵コーナー

691 シリーズものの一冊でした。

ホーム フォーラム 本の探偵コーナー 691 シリーズものの一冊でした。

このトピックには5件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。18 時間、 49 分前アバター 伊藤万里 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #50611 返信
    アバター
    伊藤万里

    ずっと探している外国の児童書があります。
    小学校中学年向きのシリーズものの一冊で、書体は正方形に近い形で、赤坂三好さんの描く絵に似た挿絵がいっぱい載っていました。
    主人公はおそらく小学校低学年くらいの「おてんば」な女の子で、たしか、おさげ髪でした。
    自然豊かな環境の中で両親と三人で暮らしていて、特に、大きな事件は起きないのですが、ある日、黒パンに生クリームを塗ったものを食べ過ぎて、お腹が痛くなってベッドでウンウンうなることになります。彼女のその様子を目にしたお母さんから、
    「だから、食べ過ぎてはダメと言ったでしょう?」
    と注意されていました。その後、お医者さんに診察に来てもらったのではなかったかな?
    この児童書を読んで、しばらくの間、「黒パンに生クリーム」がマイブームとなりました。
    どなたか題名か作家名が分かるようでしたら、教えて下さると幸いです。

  • #50825 返信
    アバター
    S

    母と子の名作絵本 全10巻
    学研
    1970年 初版
    1978年 第34刷

    4巻 フランスのおはなし

    の中に

    「ソフィーのいたずら」
    2 くりーむとやきたてのぱん

    というお話がはいっています。

    目次のところに以下のあらすじが書いてありました。
    「クリームと くろパンが とても おいしかったの。
    でも、 たべすぎて おなか こわしたの。」

    作者はソフィー·ド·セギュール。

    上記のお話ではないでしょうか?

  • #50826 返信
    アバター
    S

    追加情報です。

    いたずらっこソフィ
    セギュール夫人 原作
    水上 不二 文

    学級文庫の二、三年文庫
    昭和41年
    日本書房

    こちらにも
    「パンとクリーム」
    という題で同じ話が収録されています。

    上記の本は
    国立国会図書館デジタルコレクションに登録すれば、ログインして現物のデジタル画像を全ページ、スマホなどで見ることが可能です。
    一般の方も遠方の方も登録できます。

  • #50851 返信
    アバター
    S

    さらに追加情報です。

    セギュール夫人童話集 全6巻
    岩崎書店
    1966年(昭和41年)
    那須辰造 訳
    桜井誠 絵

    2巻 ソフィーのいたずら

    こちらにも「クリームとやきたてのパン」
    のお話がはいっています。

    この童話集も国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能です。登録、閲覧は無料です。

  • #50879 返信
    アバター
    伊藤万里

    S様

    早速の返信ありがとうございます。
    セギュール夫人といえば、「ちっちゃな淑女たち」を書かれたかたですね。
    あいにくどちらも絶版になっているようですが、一つの道しるべとなりました。
    何度もご丁寧にありがとうございます。

  • #50880 返信
    アバター
    伊藤万里

    S様

    今ネットで検索したところ、どうやら、別の作品のようでした。
    私が読んだ作品は連作短編集で、舞台はアメリカかドイツだと思いました。
    セギュール夫人の書かれたものは、お城に住むお姫様が主人公で、
    映画化もされているようです。
    https://ameblo.jp/librarian-nightbird/entry-12152213910.html

返信先: 691 シリーズものの一冊でした。
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

PAGE TOP